田村のりひさホームページ

かわら版

●かわら版●「部会と委員会1」

自民党の新人の中で部会と委員会の違いが解らないと言う話を聞きました。確かに、国民の皆様にも違いが理解できないと言う声があります。少しばかりこの
点を説明致します。

 自民党の部会は党の政務調査会の中にあります。政調会長の下に基本的に各省庁に対応したかたちで部会が作られています。昨日もお話ししましたように、この中の厚生労働部会の責任者(部会長)を私はおおせつかっています。

この機関は党においての政策の責任機関で法案を国会に提出するときには、かならずここで了承を得なければなりません。また、その時々の関心のある事柄もここで報告を受けます。

 部会員は原則自由で自民党の議員ならだれでも好きなときに参加できます。党内の多様な意見の調整、まとめをしなければならないので、結構大変です。(時には罵声も飛び交います。)

 さて、ここで了承を得た法案は次に自民党の政策審議会と総務会を通過後、閣議決定を経て国会へと提出されます。その後与野党の国会対策委員会や議員運営委員会で調整され、いよいよ、国会の各委員会へ付託されます。ここからが委員会の出番です。

続きは次号へ。
SSL GMOグローバルサインのサイトシール
公式サイトの確認方法
個人情報保護お問合せ