田村のりひさホームページ

かわら版

●かわら版●「前原民主党の将来」

 前原民主党新代表が誕生しました。二票差の薄氷を踏む勝利でしたが、まずは、心からお喜びを申し上げます。しかし、その次の日、今回の総選挙に落選をした小林憲司前衆議院議員の逮捕には驚きました。覚醒剤所持で逮捕された上、報道ではその使用も認めているとのことですから言語道断です。もちろん個人の起こした事件ですが、事が事だけに民主党としてもケジメをつけねばならないでしょう。

 そういえば、数年前に衆議院議員候補者にもなった民主党三重県連合会の事務局長が偽装結婚事件に関与して逮捕された記憶があります。この政党は政治に関わる犯罪以前の未熟さがあるのでしょうか。

 もっとも、自民党もあまり言えませんので、人の振り見て我が振り直せです。

 さて、話を戻しますが、今回の前原民主党でありますが圧倒的な勝利であれば、じっくりと党内改革に取り組めたのでしょうが、僅差の勝利のため常に目の前の事を気にしなければならないでしょう。これだけ若返ったのですから、上の世代の心中はいかばかりか。足を引っ張られなければいいのですが。その為には、常時世論の支持を保つ必要があります。

 前原新代表は安全保障の専門家で民主党の中では、もっとも右に位置しています。それ故に、労働組合との関係の見直しを宣言しました。私は労働組合を否定するものではありませんが、民主党が真に国民政党へと脱皮したいのなら、今までのように口だけではなく一度、労働組合からの応援と決裂すべきでしょう。民主党と労働組合の間に関係が見え隠れすれば、国民は信用しません。

 この選挙で小泉自民党が大勝利を得たのも、一度特定郵便局長会と決裂してでも改革を成し遂げようとする決意が伝わったからだと思います。

 ただ、自民党もこれからが重要です。各団体との関係を是々非々で進めていかなければ、すぐに国民から見放されてしまうからです。


 新しい民主党の将来に期待をしつつ、我自民党の未来に思いを馳せます。
SSL GMOグローバルサインのサイトシール
公式サイトの確認方法
個人情報保護お問合せ