田村のりひさホームページ

かわら版

●かわら版● 議員会館建て替え工事

現在、東京の田村事務所は衆議院第1議員会館にあります。

議員会館の事務所にお立ち寄り頂きました方ならご存じのことと存じますが、衆議院より割り当てて頂いている各議員の事務所は非常に手狭な事務室です。
実感を持って頂くため、例えて言うと、事務室が畳8畳程度、議員室も同様に8畳程度です。事務室には衆議院より机・いす・戸棚・ロッカー・書棚等が貸与されています。その他、ほとんどの議員は各自にて、パソコン及びパソコンテーブル・コピー機及び印刷機・冷蔵庫他を配置しております。これで想像には難くないでしょうが、とても狭いのです。しかも、通常事務室には少なくとも1名、多い議員室では5名が勤務しております。

通常の業務しているぶんには手狭ながら我慢して使用しているのですが、来客者があると、皆様にご迷惑をおかけしているのです。時には来客者が続くと室内には入りきれず、廊下でお待ち頂くこともあります。議員室には簡易的な来客セットもございますが、これもスペースの関係上、7名程しかお座り頂けません。団体の皆様がお越し頂きますと、お立ち頂く以外方法がありません。

また、事務室には日々、膨大な資料が配布されます。国会や自民党、またまた、企業団体等からの資料や郵便物も桁外れに参ります。どれもこれも貴重な資料です。今後の政策立案には欠かせない資料ばかりです。一年一年在職年数が増す度に資料が増えて参ります。田村事務所でも政策別に仕分けされたファイルの数だけでも500ファイルは下りません。(決して大袈裟でないことはお越し頂きました皆様にはおわかりいただけると思います)これでも過去の書類はデータ化したり取りまとめしたり、管理しております。

とにかく、狭いのです。

そこで、新しい議員会館が早く完成して頂きたいと思っています。そうすると、書類の管理はもとより、お越し頂きました皆様方に少しは余裕を持っておかけ頂くことが出来るのではないかと期待しております。

田村事務所はすでに述べましたように衆議院第1議員会館にございますが、7階(最上階)の南側面しております。目下には総理官邸、少し先には霞ヶ関ビル、遠方には東京タワーにレインボーブリッジ(初当選当時)が観望でき、素晴らしいロケーションでした。開発と共にレインボーブリッジが見えなくなったり、東京タワーの全貌が見えなくなり、上部のみだけとなったりしましたが、それでも、良い景観であったことは事実です。

しかしながら、新しい議員会館は現在の7階建てから14階建てとなり、(倍の高さとなり、事務室もとれに比例して倍の広さとなります)現在工事中で、鉄骨工事の最中です。先日、その躯体が正に7階まで進んで参りました。お陰で、当事務所の窓外のロケーションは、安全シートのみ、しかも窓から手が届く距離です。(実際は窓型は手が出せない作りなので届きません)極論すれば、現在の天候も全くわからない状況です。

建物の完成は平成23年6月です。まだまだ、事務所からの景観が良くなるには時間がかかりそうです。


しかしながら、日本の社会は、一刻も早く回復するよう全力を尽くして参ります。




事務室の様子

議員室と窓の外の工事中の様子
SSL GMOグローバルサインのサイトシール
公式サイトの確認方法
個人情報保護お問合せ